マスコミとネット情報の中間を埋める情報発信 6年目の3.11を迎えて

毎年3月11日になると、6年前の震災後、ITC宮城会の皆さんにお会いした写真が(忘れてはいけないよ、と言うように)facebookから表示されます。
当時被災地を車で案内していただきながら、目の前にしても、なにもできない自分の無力さを感じました。
昨年は熊本・大分の地震があり、被災された熊本住民ディレクターさんの自らの発信に対し、全国のお仲間が励まし、語り合う様子を拝見しながら(やっぱり自分は何もできなかったけれど)大変考えることの多かった年となりました

▼ダイジェスト映像にも残っていますが、現地に真っ先にスマホの電池を持っていかれた市毛さんの話されている「マスコミとネット情報の中間を埋める情報発信」について今年は改めて取組みを考えていけたらと思います
—————————
熊本地震・現地中継ダイジェスト 住民ディレクターネットワーク 本震直後 NPO法人くまもと未来 八百万人
https://youtu.be/i-rmbzVCggw

 —————————

被災地にメッセージを届けよう!2011/4.10 in渋谷
http://youtu.be/CokBdhXx5uw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です