第4次産業革命の担い手育成プロジェクト立ち上がりました

2017年1月7日に開催されたITC戦略会議(中野区イクトコ)にて、第4次産業革命の担い手育成プロジェクトが立ち上がりました。

facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/745140965655267/

このグループは、時代の風をとらえ、新しいITコーディネータ像を身に着け、組織力でビジネス展開する会です

2017年は10年後から振り返ったときには、ちょっとしたアクションを起こしたことで何でもできた年になるのではと感じています
キーワードは、製品/サービス + AI + IoT + クラウド。中小企業がアイデア次第で飛躍できる環境になっています

我々は、ワーキンググループの発足させ、成長を目指す中小企業経営者のIT経営への取り組みをサポートしたいと考えています
《成長を目指す中小企業経営者(企業)のイメージ》

・業務の拡大に合わせて社員の成熟度を上げていくことに取り組み、
そのためにシステムの守備範囲や複雑度を徐々に上げていっている企業

・収益構造の変革を図るために利益率は高いが1件当たりの金額は少ない分野への事業展開を進め、
早く・数をこなせるようなシステム構築を進めてきた企業

・2代目になって組織力を強化する取り組みを進め、
誰かの頭の中からシステムを使って見える化した仕事の仕方に変えている企業

《ITコーディネータとは》
経済産業省推進資格ITコーディネータは、IT経営を実現するプロフェッショナルです
https://www.itc.or.jp/about/index.html

2017年1月7日の戦略会議の後の懇親会も大変盛り上がり、

IoT
AI
第4次産業革命を担う中小企業経営者様への支援

自分たちにできることから実践してみよう!

ITコーディネータであり、昨年「初めてのWatson APIの用例と実践プログラミング」
の本を出版された井上研一さんの
「ITCならまずやってみてほしい、2つのこと」
の呼びかけに、
ITC多摩の若手ITコーディネータが答えました
https://youtu.be/F181wtFmXCo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です