人に頼むのでは無く、まず自分で作れるようになる(住民ディレクターという活動)

住民ディレクターは、地域住民自らがガメラを持って番組(動画)を創るという活動です。プロが作った番組とは全然違うその魅力に惹かれて、私も3年程前から関わらせていただいてますが、理解が深まるに連れ、この手法は中小企業(経営者さんの想い)や商店街などの魅力を伝えるのにもぴったりな考え方だなあと思うようになってきました。
ちょうどそんなことを深夜の八百万人会議でも話してた矢先、6年前(2009年)の杉並TVの教会通り商店街撮影の現場の様子をご覧になってて、「これはいい」「いつかあの人(杉並住民ディレクターの高橋さん)にお会いしたい」と、その時もらったというチラシを6年間黄色くなってもずっと持ってらした
という杉並・妙法寺門前の清水屋の女将さんにお会いしました。

▼杉並TV(教会通り物語)
https://youtu.be/F7A1LqTjAFk

1203杉並01

人に頼むのでは無く、まず自分で動画が作れるようになりたい。(そうでなければ自分のやりたいことは出来ない)
と、凛としておっしゃるお姿は、とてもXX歳とは思えない若々しさとエネルギーでした。

妙法寺名物「揚げまんじゅう」と自分達の街を千日紅の花で一杯にしたいというお話を伺いながら、旦那様と二人三脚で店を守って来られた女将さんの常に前向きな強さとたくましさを感じた1日でした

妙法寺名物揚まんじゅう 御菓子司清水屋
http://monzendori.com/shop/0333110725.html

1203杉並02 1203杉並03

12月19日には、九州の住民ディレクターの拠点「とうほうTV」で4月から継続放送している地方創生番組ふらっとNipponの意義と魅力を47都道府県をつないで放送します^_^

▼47都道府県同時中継 住民ディレクター発 地方創生番組(住民ディレクター事典)
http://prism-world.net/1219special/
ぜひこちらもご覧ください

ちなみに、清水屋さんのすぐそばの妙法寺は、日蓮宗の本山ということで、全国から若いお坊さんが修行に来られているそうです。私の家(鶴見)のすぐ近くにも総持寺という曹洞宗の本山がありいつも若いお坊さんの姿をほほえましく見ているので、勝手に親近感を持ってしまいました。
門前には、立派なおみ足の狛犬が鎮座されておりました。ただどうもインターネットで見ると、もうひとつ(私好みの)狛犬がある様子。

ぜひ次の機会に伺う時の楽しみにしたいと思います

1203杉並04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です